587473

 

私のアドセンスブログの中でも
病気の記事って、結構アクセス集めてくれて
いい仕事してくれるわけですが

 

その時に、タイトル選びで
気を付けたい事があります。

 

少し気を付ける事で
アクセス数がグーンと変わりますよ。

 

病名を入れる場合と入れない場合

まず、どんな人に向けて記事を書くのか?

 

A:病院で受診していて、病名を知っている。
〇〇という病気は、どんな病気なのか?

 

B:こんな症状があるが、病名はわからない。
病名は何だろう?

 

 

Aは、病名をすでに、知っています。

この病気について、もっと詳しく知りたいと思い
検索します。

 

この場合は、病名を入れて検索しますよね?

 

例えば、

「RSウイルスとは」

「RSウイルス 潜伏期間」

「RSウイルス 症状」

とかですね。

 

この場合は、タイトルに病名を入れます。

 

また、
Bの場合は、まだ病名を知らないので
タイトルに病名を入れません。

 

こういう場合は、症状を入れて検索すると
思いますので、タイトルに症状を入れます。

 

わかりきったような事だけど
結構、間違ってしまうんですよね。

 

検索者が「どんな気持ちで検索するのか」を
しっかり考えて、キーワードを決めましょう。

 

例えば、
「赤い+ブツブツ+足」とか「赤い+ブツブツ+かゆい」
とかですね。

 

ついつい、病名を入れてしまいそうですが
「病名を知らない人は、病名を入れて検索しない。」
と、いう事を気を付けてタイトルを決めましょう。

 

 

病気してラッキー?

あなた、もしくは家族が病気をした時
これって、記事ネタのチャンスです。

 

あなたが「どうしよう?」って思ったことは

メモしておきましょう。

 

あなたと同じように「どうしよう?」って
思う人は、たくさんいるはずです。

 

どんな症状だったか?
どうすると、症状が治まったか?
病院の先生は、何とアドバイスしてくれたか?

 

などなど、メモしておくと
記事を書くのに助かります。

 

また、「どうだった。」って

体験談を書くことは、オリジナル記事になるので
「読まれる記事」になります。

 

私も病気の記事を書いていますが
毎日、検索されています。
病気で悩んでいる人って、本当に多いんですね。

 

そんな人たちの為に

 

お役立ち記事を書いていきましょう。