テーマの設定について、お伝えしましたね。

 

アクセスが集まる時期をねらってテーマを決める

 

ほったらかしでもアクセスを毎年集めるテーマの決め方

 

 

テーマが決まったら、次にターゲット設定(ターゲティング)を行います。

 

ターゲット設定は、アドセンスとってに限らずとっても重要ですよ。

 

 

 

かずえかずえ

ターゲティングって何?

 

美衣子

誰に何をどのように伝えるのか?を決める事よ。
「誰に」を1人まで具体的に絞り込んでね。

 
 

かずえかずえ

ターゲティングは、どうして重要なの?

 
美衣子

1人に絞り込むことで記事にブレが無くなり
読んでいる人に伝わりやすくなるのよ。

よって、よく読まれる記事になるんです。

 

記事がよく読まれると、Googleの評価が高くなって上位表示し易くなります。

 

 

 

ほら、その他大勢に向けられて書かれた記事 

 

あなた1人に向けられた記事 

 

どちらがあなたの胸に刺さりますか?

 

 

そりゃあ、 あなた1人に向けられた記事

 

ですよね?

 

 

難しい時は、1人の人を思い浮かべてその人に向けて書いたらいいですよ。

 

 

 

 

一つの悩みに対して一つの記事を書こう

 

 

訪問者が1度に検索する悩みは、基本的に1つです。

 

複数、検索する場合は

 

その悩みの数だけ繰り返し検索します。

 

 

 

あなたも、知りたい事があった場合

 

一つずつ調べますよね?

 

 

 

例えば、クリスマスパーティーを計画するとします。

 

「クリスマス料理のメニュー」 と 「飾り付けの仕方」って

 

同時に検索しないですよね?

 

 

 

また、「クリスマス料理のメニュー」にしても

 

「ローストビーフの作り方」 と 「クリスマスケーキの作り方」って

 

別々に検索しますよね?

 

 

 

ですので

 

 

 

” 一つの悩みに対しての、回答の記事を書く ”

 

これが、とっても大切なんです。

 

 

 

例えば、「お節の作り方」を知りたいと検索している人に

 

「お節の意味」の記事を書いても

 

的外れですよね?

 

 

 

すぐに、閉じられてしまいますよね?

 

 

 

しっかりと、「誰に何をどのように伝えるのか?」を

 

決めて記事を書いていきましょう。

 

 

Googleは、ターゲティングをしっかりと行って書かれている記事を

 

優先的に上位表示するみたいですよ。

 

 

ターゲティングを行って、書かれた記事は

 

検索者が求めている情報が書かれているため

 

しっかりと記事を読むので、滞在時間も長くなるんです。

 

 

このブログもこの記事を今読んでくれている

 

「あなた」 ひとりが読んでくれたらいいんです。